乳酸菌 ビフィズス

乳酸菌とビフィズス菌は似て非なるもののようです。

乳酸菌は自然界に存在し、例えば牛乳とかの乳製品、あとは漬物などにもいるようですが、一方のビフィズス菌はヒトや動物の腸内にしかいません。それと、ヒトや動物の体内にいるビフィズス菌は乳酸菌よりも全然数が多いようです。100倍~1万倍とか。

よくヨーグルトのパッケージとかを見ると「ビフィズス菌」という文字がありますが、やっぱりビフィズス菌も乳酸菌と同じく身体に良いんでしょうか。そんなにたくさん腸内にいるならこれ以上要らない気もするんですがどうなんでしょう。


乳酸菌 ヨーグルト

ヨーグルトは乳製品なので乳酸菌が多く含まれていますが、よく健康に良いといわれますよね。ヨーグルトに含まれる乳酸菌の何が健康に良いのでしょうか。

乳酸菌は腸内環境をととのえたり、便秘解消に効果があるそうです。便秘に悩んでいる人は積極的に摂ると良いかもしれません。僕も一度だけ便秘になったことがあるんですが、思った以上にキツいです。あとうちの猫も便秘気味なので、猫用のヨーグルトとかでないかなと思ってます。

ほかに、内臓脂肪の蓄積を抑制する効果や、インフルエンザの予防になるとかならないとか。ヨーグルト(と乳酸菌)すごいです。

ヨーグルトには砂糖が入っているものが多いので、健康のために多く摂る場合、砂糖の入っていないヨーグルトを選ぶと余計な糖分を摂らずに済みます。もしくは、バナナやリンゴ、みかんなどのフルーツ一緒に食べると味もおいしく良いと思います。

乳酸菌 サプリ

腸内環境をととのえる、または便秘をなおしたいなどの理由で乳酸菌のサプリメントを摂取することがあります。サプリは薬局に売っている便秘薬とちがい即効性はないけれど、長期的に見て、体質を改善できるというメリットがあります。薬に頼らず根本的に体質を改善したい人におすすめです。

ヨーグルト、チーズなどの乳製品、キムチや味噌などの一部の漬物にも乳酸菌は含まれていますが、体質を改善するために必要な、1日当たり5000億個の乳酸菌のうち、100億個程度しか含まれていません。なので、必要な乳酸菌の数を含んだサプリメントが有効になってきます。

121種類の酵素と乳酸菌


といっても、サプリだけ摂取すればそれで十分ではなく、日ごろの運動や食生活とセットで考えるのが一番良いと思います。