乳酸菌 サプリ

腸内環境をととのえる、または便秘をなおしたいなどの理由で乳酸菌のサプリメントを摂取することがあります。サプリは薬局に売っている便秘薬とちがい即効性はないけれど、長期的に見て、体質を改善できるというメリットがあります。薬に頼らず根本的に体質を改善したい人におすすめです。

ヨーグルト、チーズなどの乳製品、キムチや味噌などの一部の漬物にも乳酸菌は含まれていますが、体質を改善するために必要な、1日当たり5000億個の乳酸菌のうち、100億個程度しか含まれていません。なので、必要な乳酸菌の数を含んだサプリメントが有効になってきます。

121種類の酵素と乳酸菌


といっても、サプリだけ摂取すればそれで十分ではなく、日ごろの運動や食生活とセットで考えるのが一番良いと思います。

乳酸菌 効果

乳酸菌は善玉菌で、色んなプラスの効果があることで知られています。では実際にどんな良い効果があるのでしょうか。例えば、以下のようなことが期待できます。

・便通を促進、改善する
・免疫力を強化する
・アトピー性皮膚炎を改善する
・大腸ガンを予防する
・口臭を予防する
・コレステロールを低下させる
・高血圧を予防する
・花粉症を予防、症状を軽減する 

などが挙げられます。便秘の改善などはよく知られる効果だと思いますが、腸だけでなく口臭の予防、改善にもつながるそうです。理屈は便秘の場合と同じで、口内にある悪玉菌をへらし善玉菌を増やすことで、匂いのもととなる菌を退治することにあるようです。

大腸がん、コレステロール、高血圧など年を重ねるほどに気になってくる項目についても、こうした効果が得られるとわかりました。僕は花粉症ではないですが、なったときのために、最後の項目についても押さえておきたいです。

乳酸菌 取りすぎ

結論から言うと、乳酸菌を取りすぎることによって体に何らかの悪影響を及ぼすことはないようです。そもそも乳酸菌は善玉菌と呼ばれ、身体によい影響を与える菌だからです。懸念があるとすれば、たとえば乳酸菌を摂取しようとしてヨーグルトをたくさん食べると、乳酸菌と同時に糖分などもたくさん摂取してしまい、かえって体に害であるといったケースです。チーズ、漬物などほかの食品についても同じことが言えます。

なので腸内環境を整えようと乳酸菌の摂取を決めた場合、サプリメントなどで補うと効率的に乳酸菌を体の中に取り込めます。

121種類の酵素と乳酸菌の詳細はこちら