乳酸菌 ビフィズス菌 違い

ビフィズス菌はヒトの腸内にもっとも多く住んでいる菌で、その数は1兆~10兆ほどいるといわれています。一方の乳酸菌はその1万分の1~100分の1程度にとどまるそうです。また、乳酸菌は糖を分解して乳酸をつくりだしますが、ビフィズス菌はそれに加えて酢酸もつくりだすそうです。

乳酸菌は自然界に生息している(牛乳、乳製品、人や動物の腸内、漬物などの一部の発酵食品)のに対し、ビフィズス菌は人や動物の腸内のみに生息している菌です。このように、乳酸菌とビフィズス菌はイコールではなく、分類学的にも、性質的にも違いがあるようです。